市長公用車に電気自動車導入 狭山市

狭山市は市長公用車に、ホンダの電気自動車「フィットEV」を導入、八日から運用を始めました。環境への配慮や、市内にホンダの工場があることから導入を決めたということです。

市役所ではこの日、仲川幸成市長とホンダの担当者らによる納車式が行われました。仲川市長は「自ら率先して環境に優しい車をPRしたい」とコメントしました。

フィットEVはリチウムイオンバッテリーを搭載、1回の充電で最大225キロの走行が可能ということです。充電は市役所地下駐車場のコンセントで行います。

県内ではさいたま市が2010年から、日産自動車の電気自動車「リーフ」を市長公用車として導入しています。

 

ニュースURL>>

http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20130410/CK2013041002000143.html

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2018 i Sayama

Translate »

ユーザー名とパスワードを入力して「Sign In」をクリック!

or    

Forgot your details?

Create Account

ツールバーへスキップ