秋の交通安全運動、自転車の安全利用の推進が重点。

by i Sayama事務局
0 comment
2015交通安全 @i-Sayama

2015交通安全 @i-Sayama平成27年 秋の交通安全運動

年に2回、春と秋に行われている交通安全運動が9月21日(月)~30日(水)までの期間、全国的に行われます。

交通安全運動は、交通安全思想の普及啓蒙を目的として交通ルールやマナーの実践を習慣付け、国民自身による道路交通環境改善の取り組みを推進するものです。

2015年秋の重点事項は自転車の安全利用の推進であり、特に「自転車安全利用五則の周知徹底」となっています。

▼自転車安全利用五則(平成27年度現在)

  1. 自転車は車道が原則、歩道は例外
    • 歩道を通行できるのは、道路標識に酔って通行可が認められている場合。13歳未満の子供、70歳以上の高齢者車道通行に支障がある障害者、その他歩道を通行することがやむを得ないと認められた場合。
  2. 車道は左側を通行
  3. 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
  4. 安全ルールを守る
    • 飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
    • 夜間はライトを点灯
    • 交差点での信号遵守・一時停止・安全確認
  5. 子供はヘルメットを着用

この他にも全国的な重点事項として、

  • 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止
  • 後部座席を含めたすべての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
  • 飲酒運転の根絶

などが上げられています。この安全運動期間中、以下の日程で統一行動日として安全強化が行われます。

  • 9月21日(月) 街頭広報の日 高齢者事故ゼロを目指す日
  • 9月25日(金) 飲酒運転根絶の日
  • 9月30日(水) 交通事故ゼロを目指す日

平成27年 秋の交通安全運動

より詳しい情報は埼玉県交通安全対策協議会のウェブサイトで。

>>平成27年秋の交通安全運動について(埼玉県交通安全対策協議会)