奥富地区の建物火災で大学生が重傷

by i Sayama事務局

05500
11月12日午前10ごろ、上奥富の鉄筋4階建てマンションで建物火災が発生しました。
出火元は男子大学生が入居している部屋で、室内約16平方メートルが消失。
入居していた男子大学生は逃げる際に2階のベランダから飛び降り腰や足を折る重傷。

狭山警察署によると、部屋で自分の髪の毛を灰皿の中で燃やしていたところ、室内に燃え広がったとのこと。

冬場にかけて周囲が乾燥し、火災が多発する季節です。火の元、火の取り扱いには十分注意し、万が一の避難方法や消火対策なども日頃から準備しておきましょう。

 

 


国家検定適合の業務用消火器が安い! 19,9503,890